空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by あこべえ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

夜のピクニック

突然ですが、皆さま

24時間歩きとおしたことありますか?

普通ありえないと思います。。
あこべえもそんな経験ありません!!

そんなありえない経験を書いたのがこちら
024540230000.jpg
    by BK-1

「夜のピクニック」恩田 陸 著 新潮社

実は、あこべえ、この恩田 陸さんという方は前々から知っていたのですが、始めにチャレンジした本が「どホラー」だったので、それ以来避けていた作家さんだったのです・・
が、今回は中身を見る限り、大丈夫、と思い、図書館で借りてきました。

内容は高校最後の学校行事「歩行祭」80キロの道のりを一晩かけてただひたすら歩くという行事・・・この行事で「貴子」は自分自身に賭けをした・・それは同じクラスにいる異母兄弟「融」とのことなのだが・・・

と言う風に2人の高校生の思いを中心に「歩行祭」が始まってから終わるまでを淡々と描いた作品なのですが、これが・・引き込まれるのです!!

一日中歩きとおすという、単純だがハード、自分の「体力と気力」の極限への挑戦みたいな状態の中で、高校生活最後の年の子供たちが、何を考え悩み葛藤しながら歩いていくのか・・・

ああ・・・こんな時が確かにあった・・と
懐かしさと苦さが入り混じったような気持ちにさせられる作品でした。。

この作品の中にこんなセリフがありました・・
「みんなで、夜歩く。ただそれだけのことがどうしてこんなに特別なんだろう」

そんな特別な一夜を描いた作品・・ぜひぜひオススメです^^

★読みながら、この本映画にしたら面白いのに・・と思ってたら、なんと2006年に映画化決定!!もうすぐだなあ・・・楽しみ♪★
スポンサーサイト
by あこべえ  at 14:52 |  Book |  comment (7)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

ドロシーにはフルマラソンの経験があります。人には本当に退屈な3時間40分のように思われるのですが、走ってる本人にはドラマなのです。
この本のにはキット共感できると思います。
by Dorothy 2006/04/22 17:37  URL [ 編集 ]

面白そうですねーこれ♪
映画には誰が出るんでしょうね?まだ決まってないかな…

「学生時代にしか出来ないこと」とかって、絶対何かしら経験しておく価値があると思います♪私も高校時代は、体育祭で有名な学校だったので、朝レンのみならず闇レンなどもあり。夜の公園に数十人集まって、大縄やら何やらを激しく練習した思い出が…。怪しいですけど、今ではめちゃいい思い出です♪

あこべえさん、最近読書にハマってるんですね^^
*優しいコメントありがとうございま~す!
by とまと 2006/04/22 18:27  URL [ 編集 ]

素敵な話しの本ですね。そういう本だから映画化決定なんだわ。
誰が主人公になるのか楽しみですね。
coogee☆もこの映画を観に行こうっと。
by coogee☆ 2006/04/22 22:20  URL [ 編集 ]

前回の「しゃばけ」といい、この本といいおもしろそうな本ばかり。私には手に入らないと思いますが、、、。(涙)
でもこれって「特別な夜」ですよね。面白そうだ、本当に。
by 和 2006/04/23 13:06  URL [ 編集 ]

私も気に入った本を読み始めると、周りの音が聞こえなくなる位に、その世界に引き込まれてしまうタイプです!
むかし通勤電車の中である本を夢中に読んでいたら、途中で電車が壊れて乗客が全員駅に降ろされていたことにも気づかずにいて閉じこまれてしまったことがあります・・(恥) 非常ボタンを押して気づいてくれたけれど~。 この本も面白そうですねー!読んでみたい!
by あぴこ 2006/04/23 22:07  URL [ 編集 ]

24時間歩きとおすなんて、聞いただけで足がむくみそう~(笑)
ストーリーは単純そうだけど、すっごく奥が深いお話って感じですね♪
私も本をゆっくり読む時間はなかなかつくれないけど、一度読み出したら結構はまるほうです♪
また久々に読書したくなってきたな~。
こっちは秋だし♪
そう思ってる今も横で子供たちがギャーギャーわめきながら走ってるんだけど・・・
by Matsudo 2006/04/24 19:42  URL [ 編集 ]

*Dorothyさん

すごいっ!!Dorothyさん、フルマラソン走られたことがあるのですね!!
3時間40分の間にどんなドラマがあったのでしょうか?
自分を体力的極限の状態に追い込んだとき、どんな自分に出会えるのでしょうか?
一生にいちどは体験してみる価値有りのような気がしています。

*とまとさん

おお、とまとさんもすごい経験を!!
「闇レン」って名前からしてすごいですね・・
みんなで一つのことに夢中になって取り組む・・これって学生時代の特権ですよね♪
それがたとえ夜中の公園だろうとも(笑)

映画・・キャストはもう決まってるみたいですが、若い俳優さんばかりでほとんどわかんなかった(汗)
でも、映画は絶対見に行こうと思ってます♪

*coogee☆さん

ねっ♪ちょっとおもしろそうでしょ^^
あこべえ的には映画でも実際に24時間歩きとおしてほしいなあ・・と思います。
そのほうがリアリティが出ると思うので(笑)

原作も面白いですよ~ぜひぜひ。

*和さん

やっぱり和書は手に入りにくいのですね・・・
アマゾンで買っても送料高いだろうし・・・となると厳選してしまいますよね。
あこべえにとっての海外移住のネックはそこです・・日本語で本が読めない生活ってのは考えられない!!
語学とか生活力とか、もっと大きなネックが山ほどあるだろうっていう話もありますが(苦笑)

*あぴこさん

それって・・・駅員も気づけよな~~って話ですよね!!
でも、周りが全部シャットアウトになる感覚・・分かるような気がします。
もうその世界に入り込んでしまうんですよね!!

あこべえもこういう本を読み始めたら、電車の中だろうが車の中だろうが読みまくるタイプなので。。最近よく後ろからクラクションを鳴らされます(笑)

*Matsudoさん

>足がむくみそう・・
でしょっ!!想像しただけでぐったりしそうですよねえ。。
ストーリー・・そうなんです。。こうやって改めて書くと「なんじゃ」ってほど単純なストーリーなのですが、その中で揺れ動く微妙な心理みたいなのに引き込まれるんですよね・・

そちらは秋本番なのですね^^
秋の夜長に読書・・・・子供たちを早く寝かす方法を考えましょうか(笑)
by あこべえ@管理人 2006/04/26 14:39  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あこべえ

  • Author:あこべえ
  • のんき者あこべえが日々、ちょっとやってみた「いつもと違うこと」を綴っています。
    平日は携帯からの更新になりますので、コメントのお返事は週末になります。
    記事の更新と前後することがありますが、ご了承願います。

    *TBについて
     記事に関係のないTBについては予告なしに削除させていただくことがあります。初めてご訪問の方でTBをしてくださる場合は必ず管理人までご一報ください。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。